ようこそ右都和へ。銀座・慎太郎ごのみの器、絵画のサイトです。

さいとう さちよ さん Vol.2

人となり番外編。
さちよさんの型打ちドキュメンタリー。

斉藤 幸代(さいとう さちよ)さん

淡路島

2000年 有田を訪れたことをきっかけにOLを辞め、
本格的に作陶の世界へ。
佐藤走波氏のもとで修行。
2006年 淡路島で築窯、独立。

一人で全部作るさちよさんにご無理を言って、
型打ちの工程を“自撮り”していただきました。
なんだかリアルで楽しいです。

このキクの豆鉢ができるまでの、
さちよさんの型打ち、お見せしまーす。

saitosachiyo_02_00

型打ちというのは、ベースとなる土台(型)を作って、ろくろでひいた素地を押しつけて器を作る技法のこと。型のできあがりが何よりも大切です。さちよさんは、自然の草花の陰影を、この型打ちで表現するために精進しておられます!

まずは型づくり。

1)型の元をろくろで成形します。
saitosachiyo_02_01

2)元を乾かして、デザインを下描き。
saitosachiyo_02_02

3)下描きに沿って削っていきます。当たり前のことですが、削った部分が、豆皿の柄の凸部分になります。
saitosachiyo_02_03

一度型ができると、何枚も同じ豆皿を作る体制が整います。
ただ、型も使う度に摩耗していきますので、永遠に使えるわけではありません。
特にさちよさんの型は細かい模様が多く、それだけに摩耗しやすくなります。

で、豆鉢になる部分、素地をつくります。

4)粘土をろくろで成形。一度に何個もつくります。完全に乾ききらないうちに、型打ちの工程に。
saitosachiyo_02_04

素地を型に押しつけて模様を浮き出させる、「型打ち」です。

5)できあがった型。じゃーん。
saitosachiyo_02_05

6)半乾きの素地をかぶせます。
saitosachiyo_02_06

7)型の模様がくっきりつくように、手回しろくろの上で素地を布で抑えて、回しながらまんべんなくバンバン叩きます。「きっと右手の方が分厚いはず(笑)」とのことでした。在廊中に、直接ご本人にお確かめください。
saitosachiyo_02_07

8)押さえ終わると、布を外します。よく見ると布の素地目もついてます。そして押さえた圧力ではみ出た粘土も。
saitosachiyo_02_08

9)で、裏返して、型をつまんで…
saitosachiyo_02_09

10)かぱっと外すとこんな感じ。右が型で、左が豆皿です。
この外す瞬間の「かぱっ」という感じが、見ているととても心地よいです。
saitosachiyo_02_10

11)で、お皿の裏側や高台を削って仕上げていきます。このあと、釉薬を着ける前に素焼きの手順へ進むというわけです。
saitosachiyo_02_11

12)さちよさんの削り道具。
saitosachiyo_02_13

14)工房を見回すと、こんな型も。ここから生まれた豆皿、展覧会でご覧くださいね〜。
saitosachiyo_02_14

右都和より

<右都和より>
斉藤さんの器との出会いは、東京の百貨店で行われていた「手しごと展」という催事です。焼き物に限らず、木工や布など、たくさんの作家さんが集まっていたのですが、豆皿好きの我々の代表は、斉藤さんのブースにひと目惚れ。大きさ、形、薄さ、そして細かいデザインに加えて、釉薬が儚い感じにかかっていて、可愛い、というよりも綺麗!というのが第一印象でした。そのあと、四国の徳島に行くことがあり、それならと足を伸ばして斉藤さんの工房に伺ったのが、本当の初対面です。
もともとは京都に工房を探しておられたとのことですが、良い物件もなかなか見当たらず、少しずつ南へ範囲を拡大する中で、「淡路島でも」と探し始めてすぐに見つかった旧家が斉藤さんの自宅兼工房です。そこでひっそり?こっそり?と生み出される器は、たくさん一度に見ればみるほど、本当に淡路島の山林や野原のような景色です。あまり量が作れないので、個展はなかなかされていないとのことでしたが、このたくさんの景色の中から選ぶ楽しみをぜひ右都和のお客さまに、と思い、今回の展覧会が実現しました。
価格は1,500円からと手頃ですが、その仕事の丁寧さと「よい感じ」は、きっとお楽しみいただけると思います。ぜひ、直接ご覧ください。そしてご本人に、ぜひ会いにいらしてください。
お待ちしています。

2015/6/18(木)~6/28(日)「さいとう さちよの豆皿、集めました」展

日時■2015年6月18日(木)〜28(日)

場所■東京神楽坂 ギャラリー&カフェ 帝(MIKADO)
時間■11:30〜21:00
さいとうさん在廊日■6/20(土)〜22(月)

場所■祇園 ギャラリーかさい
時間■12:00〜17:30
さいとうさん在廊日■6/26(金)〜28(日)

くわしくはこちら!

slide_150017

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA