ようこそ右都和へ。銀座・慎太郎ごのみの器、絵画のサイトです。

余宮 隆さん Vol.4

楽しみながら試行錯誤を重ねて、
最近は“二度焼き”の手法も取り入れています。

余宮 隆さん

熊本県天草

1972年 天草生まれ。
1991年 唐津「隆太窯」で陶芸の修行を始める。中里隆氏に師事。
1995年 天草「丸尾焼」で修行。
2002年 天草本町に「朝虹窯」として工房と窯を築く。

カリカリか、ふわっとマットか。
焼きの違いだけでも、
器の表情はがらりと変わります。

「形」だけでなく「焼き」も、楽しみながら試行錯誤を重ねているんですが、最近は“二度焼き”の手法も取り入れています。1回目にカリカリの質感に焼き上げた後、2回目に温度の低い窯で長時間焼いて、ふわっとしたマットな質感に仕上げるんです。実際、2度焼きすると、質感も色合いもがらりと変わるので、器の持つ雰囲気はまったく別物になります。最初からふわっとした焼き上がりにすることもできますが、そういう器は生地が焼き締まっていないから脆いんですよ。

1回だけ焼いたカリカリ質感が雰囲気よく仕上がっていればそれでいいし、逆に、温度を変えて2回焼いても満足できなかったら、また温度の高い窯に入れて焼き直す、ということもあります。釉薬をかけ直したり……工夫をこらして、何度でも。ただ焼き上がっているからそれで完成、じゃないと思うんですよね。一度焼いた器に釉薬をかけて再度焼くなんて、一般的にはタブーだと思われているかもしれないし、実際、信じてくれない人もいますよ(笑)。でも、良くなるまで、納得できるものになるまで、何度でも“焼き”にトライし続けたいんです。だって、人前に変なものは出したくないですから。試行錯誤しながら、常に“新しい器”を目指していたいですね。

yomiyatakashi_04_06

yomiyatakashi_04_04

yomiyatakashi_04_05

窯の力を信じて任せてみると、
結構、味方になってくれるもんです(笑)。

yomiyatakashi_04_03

yomiyatakashi_04_07

yomiyatakashi_04_09

昔の人は、灰と身近にある色つき石などを混ぜて釉薬をつくっていたんです。その歴史が人の体に刻み込まれているんでしょうか。自分の中にも、灰と色水を混ぜたら飴釉になるとか、灰と白い石を混ぜたら透明な釉薬になるとか、先天的な感覚があるような気がします。だから僕も面白い色の石を見つけたら持ち帰って、こすって焼いてみたりすることも。実際、海で拾った石を顔料にした作品も個展に出品しているので、どれだか当ててみてくださいね(笑)。

「形」にしろ「焼き」にしろ、何より大切にしているのは自分の感性、なんです。心の向くまま、自然に任せるというか。自然に逆らわずにやっていたら、自然ってけっこう味方してくれるんですよね。窯の中も火を入れてしまえば、こちらは何もすることができない。感性を信じて、自然の力に任せて、生まれてくる器を楽しみに待つ。それも立派な“遊び”なんじゃないでしょうか。

yomiyatakashi_04_10
神楽坂の帝で、北海道・旭川の陶芸家である工藤和彦さんとの出会い。お互いに名前とお顔を知っていて、偶然にもとある雑誌の記事で、北の工藤さん、西の余宮さんという特集で、「誌面上での出会い」はあったものの、実際にお会いするのは初めて。グループ展ではなく、こういう出会いに立ち会えるのは、ギャラリーの何よりの楽しみです。後ろは神楽坂のギャラリー&カフェ『帝』のスタッフ。余宮さんの器、大好きです。

yomiyatakashi_04_08
祇園のギャラリーかさいでは、奈良の陶芸家・辻村 塊さんとの出会い。豪華メンバーです。辻村 塊さんの個展は、4/16(木)〜26(日)、神楽坂と祇園で予定しています。こちらもお楽しみに。

余宮さんの器のご購入はこちら

右都和オンラインショップ
まだまだご紹介していきますので、お楽しみに!

YT_K_16
YT_K_20

右都和より

今年最初の個展『あそび初め』が終わりました。おかげさまで多くのお客さまにお越しいただき、定番の器はもちろん、たくさんの「あそび」をお求めいただきました。ありがとうございます。東京は神楽坂、京都は祇園花見小路のそれぞれの個展を振り返り、たくさんの発見があったと、余宮さんはおっしゃいます。いろんな遊びに挑戦して、そしてまた次回の作品づくりに採り入れていく。お客さまが喜んでくださることについて常に敏感に感じながら、ご自身がやってみたい焼きの具合や形づくりを楽しむ…次回もぜひ、楽しみになさってください。わたし達スタッフは3月に天草に伺って、またいろいろお話を聞いてきます。今後の作品づくりなど、ぜひお楽しみに。
余宮さんの器、『右都和オンライン』でも引きつづき販売して参りますので、どうぞこちらも引きつづきお楽しみください。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA