ようこそ右都和へ。銀座・慎太郎ごのみの器、絵画のサイトです。

3/10(土)、11(日)、大阪販売会『古染付の写しと招客の器』

慎太郎の見立て 〜大阪販売会〜

古染付の写しと招客の器

日時■2018年3/10(土)、11(日)
場所■大阪・新町 PAPPABAR
住所■大阪市西区新町2-12-4-2F googleマップ
時間■10(土) 13〜17時
11(日) 11〜16時
■慎太郎も参ります

400年ほど前に日本に伝わってきた器。

多くの職人さんや名工と言われる方々が、手法や素材、形、そして絵付けを丹念に磨き上げ、江戸初期には、日本らしい、本当に美しい器として完成されたものに昇華していました。
しかしその後は、作られる数が増えるとともに品質は低下。時代の流れとともに、何度かの浮き沈みを経てきた日本の器。輸出品を中心に美術品として世界中から注目された明治頃を最後に、職人さんは減り続けています。
そんな中で、先人の素晴らしい器に魅せられた方々が、陶芸家として今でも美しい器を作り続けてくださっています。今回、お料理屋さんにもご迷惑をおかけしないように、1種類ごとにまとめた数を作っていただきました。江戸の写しをはじめ、お客様を招くための美しく、数が必要な器を、どうぞお選びくださいませ。
今回も、私が大好きな空間『PAPPABAR(新町)』で皆さまをお迎えいたします。(慎太郎より)

もちろん私、慎太郎も参ります。
ぜひ私と一緒に、
器あそびをいたしましょう。

<厳選した器をお持ちします。>
工藤 和彦(北海道・旭川)、雪ノ浦 裕一(岩手・盛岡)、藤澤 重夫(石川・加賀)、西山 芳浩(石川・金沢)、辻村 塊(奈良・桜井)、谷村 崇(京都)、斉藤 幸代(兵庫・淡路)、有本 空玄(広島・安芸)、境 知子(香川・高松)、境 道一(香川・高松)、岡本 作礼(佐賀・唐津)、竹花 正弘(佐賀・唐津)、矢野 直人(佐賀・唐津)、浜野 まゆみ(佐賀・有田)、田中 睦子(佐賀・有田)、今村製陶 JICON(佐賀・有田)、余宮 隆(熊本・天草)

<ご注意>
・当日は展示できるスペースに限りがありますので、全種類1点ずつをお持ちする予定です。
・ご注文いただいた品物は、宅配便にて、2週間以内にお送りいたします。
・お支払いは、現金、または、今回より各種クレジットカードもご利用いただけます。
・展示する器は、当日のお楽しみということにさせていただきます。
・お電話、メールでのお取り置きは出来かねますのでご了承ください。

 

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA