ようこそ右都和へ。銀座・慎太郎ごのみの器、絵画のサイトです。

9月3〜15日、工藤和彦さんの陶展『道草花あそびと、食楽。』を開催します。

少し、ほんの少し暑さが優しくなった気がします。
そんな矢先の9月の展覧会のご案内です。

北海道・旭川の工藤和彦さんの陶展を
東京・神楽坂で開催します。

道草花あそびと、食楽。

日時■2015年9月3日(木)〜15日(火)
場所■<a href=”http://utsuwa.co/store/”>東京神楽坂 ギャラリー&カフェ 帝(MIKADO)</a>
時間■11:30〜19:00(水曜定休)

201509_kudo_02

201509_kudo_03

工藤和彦さんの草花あそびは、ご自分が作った花器に、
北海道旭川の山々にある野山を生けること。
そして自分が見た草花のようすを、
「その場所で自分が見て、感じたように表現したいんです。
いや〜、精神の鍛錬ですよ〜(笑)」と。
「僕の花器と一緒に、日常や食卓を愉しんでいただけるのが
何より嬉しいです!」とのことで、今回の展覧会のテーマが決まりました。
家の周りの道ばたに視線を落としてみて、初めて気づく草花の様子。
お花屋さんを通りがかったときに感じる、「これ可愛い」。
散歩や道草しながら、必ずある草花との出会いを、
工藤さんの、ちょっと小ぶりな花器で楽しみませんか?
そして、古代の黄色や、白樺を連想させる粉引の
素朴でいて洒落た器に季節の食材を盛って、
夏の終わりを遊びませんか。

工藤さんが帝にお越しになるときは、
北海道の工房から草花を持ってきて生けてくださいます。
夏なので日持ちはしませんが、
在廊の3日、4日にぜひ工藤さんが真剣に取り組んでおられる花生けを見ながら、
私達と一緒にお話を伺いましょう。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA